使用しているガラスについて

About glass

ステンドグラスバロックでは、大きく分けて4種類の色ガラスをステンドグラス制作で使用しております。

アンティークガラス

アンティークガラスの一例

ガラス職人の手作業で作られ、輝くばかりの透明感がある伝統的なガラスです。
吹きガラス技法の要領を使って、大きな細長い風船状のガラスを作り、縦に切り開いて板にするガラスです。このため、ガラスの厚みにムラができ、1枚のガラス板の中でキレイなグラデーションになっているものもあります。

アートガラス

アートガラスの一例

ガラス職人の感性で作られた手作りガラスです。
ガラス板自体がアートのような定番にないガラスです。
アンティークガラスと同じ手作りのガラスですが、吹きガラス技法ではなく、型流し技法によって作られています。

太陽光を通して、壁などに映り込む一例

  • 青色系のアートガラスの映り込み一例
  • 赤色系のアートガラスの映り込み一例

オパールセントガラス

オパールセントガラスの一例

乳白色で半透明なガラスです。
ルイス・カムフォート・ティファニーらが開発したガラスであり、単色もありますが、基本的には2〜数種類の色をマーブル状に混ぜ合わせて作ってある美しいガラスです。

キャセドラル

キャセドラルの一例

マシン系ガラスです。
2本のローラーの間に溶けたガラスを流して、一定の厚みと幅のガラス板を作ります。このため、たくさんの色と表面のテクスチャーを持ったガラスが作られています。